【高潔】凛とした女騎士の素顔は意外にもH大好き!?

【高潔】凛とした女騎士の素顔は意外にもH大好き!?
  • URLをコピーしました!

コイカツ!サンシャイン エクステンションでの追加性格の1つ「高潔」を紹介します。

「高潔」なヒロインは厳格な言葉遣いと凛然とした態度に一風変わった思考を持つ、騎士のような変わった人物です。

普段は真面目な堅物という印象ですが、Hに対する順応性と資質は高く、Hシーンでは普段と異なる一面を見せてくれます。

目次

騎士のような態度と性格の変わり者

自らを武骨者と語る「高潔」な女の子

「高潔」なヒロインは騎士のような凛とした女性です。自分を「」主人公を「貴殿」と呼称し、きっぱりとした男性的で武骨な口調で話します。

常に冷静かつ毅然とした態度と相まって、カッコいい反面どこか人を寄せ付けない雰囲気を纏った異質な存在です。

自分が変わり者だと自覚している「高潔」な女の子

本人も自分が変わり者であることを自覚しており、他者から避けられる事に慣れている様子で、話しかけてくる主人公を物好きと評価します。

孤独を好むわけではなく、主人公との交流は楽しんでいる様子です。

人付き合いに慣れていないためか自分からデートを持ちかける際は不安な様子を見せ、主人公がOKすると大げさに喜ぶ可愛い一面もあります。

好戦的で幻想的な言動に隠された秘密とは?

主人公の話を理解できず自分がおかしいのかと悩む「高潔」な女の子

「高潔」なヒロインを変わり者たらしめるのは2つの異質な言動です。

クジラの話題を振られて何故か戦う事を想定する「高潔」な女の子

1つは好戦的とまではいかないものの物事を武力や戦闘前提で捉える癖です。

勝負パンツや女子力という俗語の意味をはき違えているのは序の口で、手に触れてきた主人公と組手をしようとしたり、レジャーのカヤックをレースだと勘違いしたりします。

友達関係にあるときに食事を共にしたときの会話やホエールウォッチングの話題を振った際の反応のように、動物すら戦闘の相手とみなすことがあります。

主人公との別れ際に身辺に注意するよう忠告したり、水着を水中戦用の装備と捉えたりする態度は、平和な南の島には似つかわしくありません。

星の砂が微生物の死骸だと知り死霊術を連想する「高潔」な女の子

もう1つは海ほたるをスライムに例えたり星の砂が生物の死骸と知って死霊術を連想したりと、武骨な性格に似合わず幻想的な発言が目立つ事です。

ファンタジー好きの冗談と考えれば微笑ましいのですが、本人はファンタジー好きである事を明確に否定しますし、発言時の態度は冗談を言っている様子ではありません

自分が異世界人だと暴露する「高潔」な女の子

不思議な言動の秘密を解き明かすには、ヒロインとの関係を「愛の絆」まで深める必要があります。

「高潔」なヒロイン専用のシークレットビーチの特殊デートスポットで、主人公は衝撃の事実を知ることになるでしょう。

男嫌いの孤独な剣が鞘に出会う

男のエッチな部分を嫌悪する「高潔」な女の子

「高潔」なヒロインはやや男嫌いの気があり、男性は下半身で物を考える軟派な軟弱者ばかりだと考えています。

主人公に対しては初期から見込みを持っていて態度は穏便ですが、みだりに恋愛話や猥談を振ったり胸へと視線や手を向けたりすれば辛辣な態度が待っています。

好みのタイプは騎士道精神のある男だと語る「高潔」な女の子

好みのタイプは騎士道精神のある真面目な男性目や背中で語れるクールな男性です。失敗から学べる勤勉な男性も好みですが、勤勉が過ぎて頑固な態度を取る男性は好きではありません。

主人公の剣になりたい、と独特な表現で愛の告白をする「高潔」な女の子

一度恋に落ちると主人公との距離感は一気に近くなります。常に主人公と共に在りたいという意味を込めて自らを主人公の剣と称し、自分の収まる場所という意味で主人公を鞘に例えます

シークレットビーチでの告白イベントを見れば剣と鞘という言葉に込められた意味をより深く理解できるでしょう。

デート中に恥じらいを露わにする「高潔」な女の子

主人公と恋仲になると口調こそ変わらないものの騎士というより淑女のように接し、主人公を立てつつ一緒に居る幸せを享受します。愛の言葉やスキンシップには弱くすぐに照れてしまう可愛い女性です。

デートでも主人公がリードするシーンが目立ちますが、合宿所での特殊デートの卓球や体験学習のシーサー作りなど体力や器用さが物を言う場面では頼もしさを見せます。

動物好きな彼女の衝撃的な経験

力強くて穏やかな水牛をリスペクトしている「高潔」な女の子

「高潔」なヒロインは動物を対戦相手と考えることもありますが、基本的には動物好きです。

水牛の話をしてもらったりウミガメの話題を振ったりすれば、動物に敬意と適切な距離感を持って接していることが分かるでしょう。

鳥の雛などの庇護対象には母性を発揮しすぎて少々距離感を間違えてしまうこともあります。

マンタに乗れそうだという主人公の話を聞く「高潔」な女の子

動物の話の中でも特に面白いのがマンタの話題を振った際の反応です。マンタに乗ったことがあるという荒唐無稽な体験談を聞かせてもらえます。

Hに対しては一度経験すれば積極的

エッチの後に主人公への信頼を言葉にする「高潔」な女の子

「高潔」なヒロインは情欲に流されないよう己を律しており男性の欲望に素直過ぎる点を嫌うなど、身持ちが固い印象を与えます。

しかし一度身体を交えれば印象は一変するでしょう。

感度が高く快感への順応も早く、初体験からセックスほど気持ちいい事は他にないと語るなど、普段の様子からは想像も付かない好色ぶりを発揮します。

可愛い声を聞きつつ聞かれつつ

主人公の愛撫で快感に溺れる「高潔」な女の子

Hシーンでも普段同様の落ち着いた口調と声色で話す「高潔」なヒロインも、快感が限度を超えれば平静を保てません。

絶頂直前の余裕の無い叫びにも似た声や絶頂時の甲高く長い嬌声は普段とのギャップを感じさせてくれます。

特に興奮を煽るのはHに不慣れな状態で乳首をつついたり股間に指を挿入したりすると聞ける声や、淫乱状態で愛撫により絶頂寸前に追い込まれた時の絶頂を懇願する言葉です。

主人公の反応を楽しみながらパイズリする「高潔」な女の子

いつもと違う声に興奮するのはプレイヤーだけではありません。「高潔」なヒロインも主人公の喘ぎ声を可愛いと感じます。

Hに慣れてくると主人公に声を出させようとする動きが目立ち、同時に自身も声を我慢することを敢えて放棄し、お互いに恥ずかしい声を聞かせあうことを楽しんでいるようです。

同時絶頂はセックスの醍醐味

主人公とのセックスで主人公と同時に絶頂する「高潔」な女の子

「高潔」なヒロインがセックスで最も大事にしているのはお互いが満足することです。

特に二人同時に絶頂する事にこだわります。自分だけ先にイってしまわないよう快感に耐え、主人公の射精に合わせて絶頂するよう心掛け、一人で絶頂すると情けないと悔しがります。

一方で主人公には我慢しないように伝え、一人で射精した際も非難する様子は見せません。自分の我儘で主人公を不快にさせまいという気遣いを感じます。

戸惑いながらもアナルセックスを受け入れる「高潔」な女の子

女性器でのセックスは初体験から満ち足りた気分と語るほど好む一方で、アナルセックスには消極的です。普通ではない事だと拒否感を持つと同時に、実際に男性器が入るのかどうかも危ぶみます。

本人の意思とは裏腹にお尻の感度は良好で、恥じ入るほどに感じてしまう事が自分でも信じられない様子です。

Hに慣れるにつれ拒否感は薄れ、アナルセックスで同時絶頂する自分たちは仲良く変態だとある種の開き直りを見せます。

献身的な奉仕からサディズムが芽生える

主人公の精液を顔面で受け止める「高潔」な女の子

「高潔」なヒロインは2つの理由から性的奉仕に積極的です。

理由の1つは主人公が自分の奉仕でイく様子を見たいからで、我慢も遠慮もせず射精するよう促します。もう1つの理由は精液の匂いを好むことで、精液をかけられると匂いで身体が疼く様子を隠しません。

神妙な面持ちで手コキをする「高潔」な女の子

奉仕に不慣れな間は自身の拙さを自覚しており、主人公を不快にさせないよう細心の注意を払います。

加減のしやすい手コキと強くしても痛みを与える心配がないパイズリを好み、加減の分からない足コキや歯が当たりそうなフェラは苦手です。

うっとりとした表情で金玉を舐める「高潔」な女の子

奉仕に慣れると自信を見せるようになり、同時に主人公の表情や身体の反応をからかったり煽ったりする言動が目立ち始めます。余裕が生まれることで潜んでいたサディズムが顔を覗かせるのかもしれません。

足コキの際に何かに目覚めそうだと語る辺り、本人も自身の気質は自覚しているのでしょう。淫乱な状態亀頭いじり玉舐めなど特殊なプレイをする際には特に意地悪です。

常在戦場の心得はベッド上でも変わらず

ローターと電動マッサージ器で愛撫される「高潔」な女の子

すぐに勝負事に例える「高潔」なヒロインの癖はHシーンでも変わりません。

嫌がっているわけでもないのに愛撫でイクと自分の負けと語ったり、奉仕で主人公が射精しそうな様子を攻め落とす寸前と例えたりします。

普段は強い女性ですがベッドの上では旗色が悪くアダルトグッズにも男性器にもすぐに降参してしまう様子もまた、普段とのギャップを感じられる可愛い一面でしょう。

まとめ

セックス後に余韻に浸る「高潔」な女の子

「高潔」なヒロインは毅然とした態度と武骨な口調が特徴の騎士のような女性です。

物事の捉え方が普通ではない所があり近寄りがたい雰囲気を纏っています。男嫌いの気があるものの自分と普通に接してくれる主人公は憎からず思っています。

表向きは身持ちの固い女性ですが実のところは快楽に弱く感度も高いです。

セックスでの同時絶頂を好み自身の努力で同時絶頂を成し遂げようとします。性的奉仕にも積極的で最初は献身的ですが、Hに慣れるにつれてサディスティックな一面も見せます

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次